プロフィール

桧家住宅名古屋

Author:桧家住宅名古屋
スタッフ日記へようこそ!

毎日の出来事を
楽しくブログってます^^


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


QRコード

QR

3.11と3.14

3.11が近づく中で!
3.11の記憶を風化させない、あちこちテレビで
この7年の復興を取り上げていますが

こんにちは
桧家住宅名古屋の菱川です
いつもブログご覧頂き、ありがとうございます

先日2月21日に中部電力さんの浜岡原発内を視察させて頂く機会を
頂き、あらためて3.11近づく中、原発について考えるいい機会になりました。
E184F695-9E3D-4838-B11A-E3952A41CC22.jpg

3.11は、津波の映像は、名古屋の我々にとっても
リアルタイムでTV映像を見ていましたが、一生
忘れられない、記憶です!

そして私のなかで、もう一つ忘れられないのが、3.14の
福島原発の水蒸気爆発のあの瞬間!あの映像です。

私は、2008年辺りから、環境ISO14000の取得等に携わった
事から、環境やエネルギー問題、原発の是非など関心を
持ち、勉強をはじめた頃の、この3.14原発事故でした

映像をみて、とてつもない重大な事が起きている認識は
TVで報じられる、アナウンサーの言葉より強く認識していた
記憶があります。
TVに向かって「そんわけないだろ~」
政治家や東電の会見にも「うそつけ~」
など連呼してたのを覚えています。

以降7年間で、原発の関連する書籍は10冊以上、原発の権威といわれる
先生方や持論をお持ちの専門家のセミナーや講演会も7.8回は参加し自分なりに
原発はどうなのか? 考えて来ました。

現在までの答えは、「ノー」不要反対です。

原発の是非は、まだまだ賛否両論、私にも正解はわかりません!

ただ、今回の浜岡原発視察では、中電さんの原発稼働に向けての熱意
その安全性への担保する取組には、並々ならぬ努力を感じました。

浜岡原発は東南海トラフ地震に備えて相当な
対策がされ、地震の揺れ、津波には相当の安全性が高まったと思う。

しかし、そこは原発反対の私はまだまだ???が残る!

そもそも核廃棄物のゴミは最終どうするのか?

日常の管理の汚染水もれなど本当に大丈夫か?

警備も過剰なほど万全、津波防潮堤も万全、でも空はがら空き?テロは?

などなど、不安が残りました。

それでも電力は必要で、電力会社さんのおかげで、快適は生活が送れています。

我々もこういう事にしっかり目を向け、そしてできることは、エネルギー利用
を最小限に抑える取組み、それは、住宅と車が大きい!

日本の海沿いにはこんな風景もあちこちに増えてきましたね。

IMG_0234.jpg

我々の省エネ住宅普及が、原発の安全是非の議論より、不要とされる
日が来ることを今は思う。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinokiyanagoya.blog.fc2.com/tb.php/1657-309a0487

 | ホーム |  page top