プロフィール

桧家住宅名古屋

Author:桧家住宅名古屋
スタッフ日記へようこそ!

毎日の出来事を
楽しくブログってます^^


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


QRコード

QR

住宅業としての責任

GW北海道は大雪、東海地方は真夏日
日本の緯度は素敵です!
4.30朝我が家のツツジです!
IMG_2668.jpg

こんにちは
桧家住宅名古屋の菱川です
いつもブログご覧頂き、ありがとうございます。

あらためて、熊本地震の被害にあわれた方々に
お見舞い申し上げます。
少しでも、出来る事から我々も支援していきたいと
思います。
531b7bdf.png

阪神淡路大震災が、新潟中越地震時の皆さんへ支援をして
3.11東北大震災には、阪神、中越の方々が支援して、そして
熊本です。
災害は、忘れたころにやってくる!
災害は、体験した人でないとそのつらさはわからない!
本当にそう思います。

災害時は、緊急支援とその後の復興自立支援です。
自立するまでは、やはり他の地域からも支援が大切です。
そのありがたみがわかるのも、被災者しかなかなか感じられない。

支援の連鎖、助け合い、お返しの精神これこそ日本人の素晴らしさ!
助けてもらうだけでは、もらうだけではいけません!

そして東海地方の我々も、いつ被災者になるかわかりません!
その時の為に、少しでも被害を少なくする為に、防災、備えの
対策が一番大事です。

皆わかってることことだけど、実は私の周りでもやっていない人が多い!

冒頭で、日本列島の緯度が素敵!と述べましたが、一方で危険な地震列島です。
防災は、「日本人の国民義務」という法律を作ってもいいのでは、と思います。


我々の仕事も、地震とは切っても切れない仕事、住宅です。
あらためて、安全な命を守る家つくり責任の重さを感じます。

数年ごと起きる、日本各地の大地震、震災歴史は、住宅を造るうえでの法律
建築基準法の変遷歴史でもあります。

参考までに!
IMG_2700.jpg

いくつかのポイントはあります。もちろん法律論だけですので一概に言えませんが

1981年(昭和56)以前の住宅は、かなり危険と言えます。
1995年(平成12年)以降の建物は、まづ心配無いと言えます。

避難防災と建物防災、両方がされて、命も守られ減災できます。

今、住宅に求められる優先順位は

デザイン、間取り、価格よりも省エネ! 省エネよりも耐久性(長く持つ)
耐久性よりも安全性(地震火災)これがやはり基本中の基本です。
この精神を、この仕事をしている限り、どんな時代が来ても、心して
家つくりしていきます。
 | ホーム |  » page top