プロフィール

桧家住宅名古屋

Author:桧家住宅名古屋
スタッフ日記へようこそ!

毎日の出来事を
楽しくブログってます^^


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


QRコード

QR

DIY(Do it yourself)

こんにちは、本日ブログ担当の吉住です。

2014年スタートしたと思いきや

もうすでに今年もあと11ヶ月を切りますね。

今年2014年の私にとっての一文字は

”力”です。

久しぶりに習字をやってみました。

20140131-1.jpg

皆さんの今年の一文字は何ですか?

本年もよろしくお願いしますね。

ところで、話わ変わりますが・・・

皆さんDIYという言葉をご存知ですか?

DIY(ディー・アイ・ワイ)は、

専門業者に任せずに自らの手で生活空間をより快適に工事しようとする概念のこと。

英語でDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身で作ろう」の意。

ということで、

2歳の誕生日を迎える娘にプレゼントを夫婦で作ることにしました。

今回その報告をさせていただきますね

もちろん、2人にとっても初めての体験です。

模型や建物のように設計図やつくり方の説明書があるわけではなく

0からスタートし、トラブル続出の体験でした(笑)

~2014年1月初旬~

まずは家族会議
作ってあげたいものは決まってます。
~ままごとキッチン~

”どのようなものを作ってあげたくて”

”どんなものが使いやすく安全だろうか・・・”

”どうしたら面白くなるだろうか、可愛くなるだろうか・・・”

”どのように作ったら喜んでくれるだろうか?”

というざっくりした要望のすり合わせ。

そこから

”じゃあ、それを形にするためにはどのくらいの大きさのものをどのように作ったらいいの?”

”サイズは?高さは?扉の開き方は?”

”引き出しを作るためにはどのような材料が必要なのか?ビスの長さは?”

”この水栓も水とお湯2つあったほうがいいよね?形は?回せたほうがいいよね?

でも、どうやったらハートや四葉に切れるの?っていうかどうやったら回せるの?”

”家電収納タイプの食器棚みたいに棚が引き出せるようにしたいよね?”

という想いを形にする為の具体的な計画づくり。

そして、

”材料集め”が始まりました。

まず、購入したのは

①2段のカラーボックス
20140131-2.jpg


次に、できるだけ経費を抑えるために集めてきたのは

②現場で廃材となってしまった
建築の材料(床材・合版・カウンターの一部等)

③ノコギリやドライバー等の道具は妻のご両親にお借りして

④あとは作りだしてその時になってみないと分からない!!!!

とうことで私達2人が作り始めたのは

”おままごとキッチン!”

20140131-3.jpg
のこぎりはまっすぐ切るのがなかなか難しい
ビスを打つ角度も長さも打ち方によって材料が割れてしまったり・・・


20140131-4.jpg
カラーボックス・廃材・ボールでベースの部分ができてきましたよ~
少しずづ形になってくるとどんどん夢中になってきます。

20130131-6.jpg
カーマホームセンターの工作室にも通い・自宅に無い道具をレンタルしながら、このハートと四葉のクローバーもなんとかいい感じに仕上がりましたよ~紙やすりでゴシゴシ磨いて仕上げ、水栓も蛇口も回せるようになるものですね。

で、なんとか2人で完成させてのがこれです!
まぁ隙間が空いていたり、少し妻から指摘される部分もありますが
インテリアは任せて2人のイメージ通りのものが完成しましたよ。
製作中の途中経過は省略させていただきますね。
20140131-5.jpg
下の収納スペースも機能性を考え、左の上部は扉のみ、下部は引出し、右側は引き出せるカウンターに。
ガスも火力の調整ができるよう回せるようにしました。

最後の仕上げとして作ったのがキッチンの名前を掘ること
彫刻刀を片手に深く深く思いを込めてキレイに掘れました。(手に豆作りながら、かなり時間がかかってしまいましたが)
20130131-8.jpg

今回、モノ作りを通して楽しさと作り手の想いも感じることができました。
家を創る棟梁・職人の想いも同じなんだろうなと、お客様ご家族の想いと棟梁の想いが一つになって家には魂が宿ると聞いたことがあるのはわかるような気がします。
20130131-7.jpg
娘もかなり満足してくれているようで、いつもこのキッチンに立って遊んでくれるのが私達の喜びです。

今回、これを作るきっかけになったのには意味があるんだな~と
たくさんの学びと体験と心の経験ができ娘に感謝です。


あれから・・・

今はどうも作業スペースが狭いみたいでキッチン横に作業カウンターの設置と

包丁立てを検討中です(笑)

是非、一度皆さんも挑戦してみてください!!!

詳しく聞きたい方がいらっしゃればいつでもご相談くださいね。




 | ホーム |  » page top